2019年02月12日

2つのかんじょう

[PR] 相続手続きなどのお困り事は 相続手続き相談室 まで
[PR] 相続トラブルのことは 相続手続き相談 大阪室
 
 
 これからの時代は、
 2つのかんじょうをコントロールすることが、
 より重要になってくるものと考えています。
 
 1つは感情。
 もう1つは勘定です。
 
 感情をコントロールすることは、
 成功法則でも重要視されているところですが、
 さまざまなハラスメントが注目される昨今においては、
 より重要度が高まっているように感じています。
 
 たとえば、
 好きか嫌いかのいずれであるのかによって、
 ある行為の受け止め方が違ってくることがありますね。
 誰しもが経験していることだと思います。
 
 好きな人の行為と嫌いな人の行為。
 同じ行為を目にしたとしても、
 その行為に対する受け止め方が違っています。
 
 もう1つのかんじょうである勘定。
 損得勘定で動いている人に対して、
 軽蔑する向きがあることに懸念しています。
 なぜならば、誰しもが損得勘定で動くことが多いからです。
 あの人は損得勘定で動いているなどど言って、
 他者を非難することは妥当性を欠いていると考えています。
 
 少しでも得をすることを考えている人と、
 損ばかりしているように見える人を比べてみると、
 なぜかしら後者がいい人のように感じますね。
 なんかやさしそうな印象を受けるからかもしれません。
 
 感情と勘定。
 
 これら2つに共通する言葉があります。
 信用です。
 
 信じているという感情。
 私は彼女を信用している。
 そういうときに使いますね。
 
 金融機関がお金を貸す行為を与信と言います。
 信用を与えるというところでしょうか。
 この信用がなければ、大きな商売はできません。
 
 借入金や借金について、
 否定的な考えを思っている人も多いようですが、
 お金を借りないとできないことも多いものなのです。
 
 好き嫌いに代表される感情。
 損する得するに代表される勘定。
 これら2つに共通する信用という概念。
 
 これからの時代。
 ますます重要になっていくように思います。
 たまには感情を勘定してみてください。
 コントロール下に置くために。
 
 
 まだまだ、勉強。
 発展途上です。
 
 
 やらせていただています。
 
 いつも、ありがとうございます。
 
 
 余談になりますが、
 オンラインで活動していなくても、
 心配しないでくださいね。
 オフラインの活動がありますので。
 予断なきよう、よろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
[PR] 家計の見直し相談室 にて 暮らしを見直そう
[PR] 男性向け 養育費等の離婚相談 を承ります
 
 
 
 
 
 
 
posted by ULTRA at 02:37 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

おねおね。

[PR] 家計の見直し相談室 にて 暮らしを見直そう
[PR] 民泊関連なら 民泊手続き相談室 まで 
[PR] 男性向け 養育費等の離婚相談 を承ります
 
 
 おねおね書いていきます。
 だからといって、手を抜きません。
 これ、大事なポイントです。
 
 とても大胆な表現になりますが、
 組織というものの本質は、
 どれだけの物事をアンダーコントロールにできるか、
 どれだけをコントロール下におさめられるかです。
 
 そういった組織の論理が、
 一部は個人に適用されることがありますので、
 その適用点については、
 自らのスタンスを決めなければなりません。
 
 組織としてはわかるけど、
 個人的な意見としては違っている。
 
 組織と対峙する場合、
 自らの距離感を持っておくことが必要になります。
 大事なポイントです。
 
 「最近、勝負してますか?」
 この問いかけに即答してみてください。
 
 勝負事に負けると嫌な気分になりますね。
 勝負することを避けたくなる気持ちがあること、
 よく理解できます。
 
 でもね。
 いつまでも避けることができない場合があります。
 勝負せねばならない時が到来するわけですね。
 先延ばしにもおのずと限度がありますから。
 
 勝つか負けるかは、
 やってみなければわからない。
 
 勝負する前から、
 敗北感に支配されることこそ、
 避けなければならないように思います。
 
 勝ちに不思議の勝ちあり。
 負けに不思議の負けなし。
 
 結果が出た時、
 なんか知らんけど勝ってたと、
 思えることは数多くありますね。
 勝った原因を理屈で説明できないことがあります。
 
 その一方で、
 なんか知らん間に負けてたなと感じたとしても、
 負けた原因は説明できることが多いものなのです。
 
 負けた原因。
 その多くの場合は、
 必要な準備に過不足があったことによります。
 
 不足だけではありません。
 これも大事なポイントです。
 
 あんまりネットでは活動できていませんが、
 リアルでは動いていますので、ご安心ください。
 このブログを更新していなくてもです。
 
 過不足なく、
 活動していきますので、
 今後ともよろしくお願いします。
 
 
 まだまだ、勉強。
 発展途上です。
 
 
 やらせていただています。
 
 いつも、ありがとうございます。
 
 
 
 
 
 
[PR] 相続手続きなどのお困り事は 相続手続き相談室 まで
[PR] 相続トラブルのことは 相続手続き相談 大阪室
 
 
 
 
 
 
    
posted by ULTRA at 11:19 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

視座が変われば・・。

[PR] 相続手続きなどのお困り事は 相続手続き相談室 まで
[PR] 相続トラブルのことは 相続手続き相談 大阪室
 
 
 見る対象としての物事は変わらない。
 にもかかわらず、違ったものに見える。
 よくあることです。
 
 それぞれの受け止め方が違う。
 そのような点もありますが、
 見ている箇所が違っていたり、
 見ている場所自体が違っていることによって、
 同じものでも違ったように見えること。
 これもよくあることです。
 
 3枚の写真を載せていきます。
 どこを撮ったものかを当ててみてください。
 
 
  doko_01.jpg
 
 
 (どこやろかいな?)
 
 
  doko_02.jpg
 
 
 (ん?なんやろ?)
 
 
  doko_03.jpg
 
 
 (ああ、そういうことか!)
 
 
 
 別に正解を得られたところで、
 抽選で何かをプレゼントすることはありません。
 どうかご了承ください。
 
 
 見解の相違が生じる原因。
 
 そこには、
 見解を述べる主体としての人の違い。
 そのこともさることながら、
 ものを見ている視座の違いによって、
 生じることがあるということ。
 
 相手を理解するためにも、
 役立つノウハウだと考えていますので、
 ぜひ、頭の中に入れておいてください。
 
 
 新しいウェブサイトを作りました。
 
 「民泊手続き相談室」 です。
 
 
 これからの新しい分野で、
 これまで蓄積してきたものを、
 これまでのノウハウやドゥハウを活用して、
 真摯に取り組んでまいりたいと考えております。
 
 どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 「どこを」について、
 正解を発表します。
 
 正解は、
 「東京ドームの屋根の一部」でした。
 
 くどいようですが、
 正解者の中から抽選で5名のかたに、
 素敵なプレゼントを差し上げることはありません。
 どうかご了承願います。
 
 
 
 まだまだ、勉強。
 発展途上です。
 
 
 やらせていただています。
 
 いつも、ありがとうございます。
 
 
 
 
 
 
[PR] 家計の見直し相談室 にて 暮らしを見直そう
[PR] 男性向け 養育費等の離婚相談 を承ります
 
 
 
 
 
 
  
posted by ULTRA at 12:17 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする